個人間売買で車を売った時には書面を作成する

| コメント(0) | トラックバック(0)

買取の専門店で売却手続きを行うと、必ずと言って良いほど書面を交わすことになります。いわゆる契約書ですね。

契約書は、非常に重要度が高いと思います。書かれている内容は本当に大事なので、売却を成立させる前に必ず確認をしておくべきでしょう。納得できない箇所が1つでもあれば、サインをしないのが基本です。そして契約書の内容に質問があれば、もちろん買取業者のスタッフに随時質問をするべきでしょう。

ところでその契約書は業者との売買契約の時だけでなく、個人間で契約をする時にも交わすべきものなのです。つまりネットオークションなどを用いて車を売却した時にも、その書面を作成するべきですね。

その理由ですが、もちろんトラブルを回避する為です。例えば名義変更などは、しばしばトラブルになりがちです。相手が名義変更を行わないので、自動車税の請求が来るという話はよくあります。このためオークションでの落札が発生した時には、必ず書類を作っておくべきでしょう。そしてそれを落札者に渡すべきです。なおかつ書類には、「何月何日までに名義変更を行わない場合、ペナルティーが発生する」と書いても良いと思います。名義変更はそれくらい大事なので、きちんと明示しておくべきでしょう。

また入金に関しても、その書面に書いておくべきですね。同じく何月何日までに入金をするのかという点を、書面に書いておくべきです。その書面を落札者に渡して、車を出品した自分自身も控えを保管しておくべきだと思います。

ここまで慎重に行わないと、個人間売買ではトラブルが発生する可能性があるからです。車買取業者からの契約書は重要度が高いですが、個人間売買でも大事になる訳ですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sunglassforu.com/mt-tb.cgi/6

コメントする