売却でも購入でも大事な車のモデルチェンジ

| コメント(0) | トラックバック(0)

車のフルモデルチェンジは、買う時にも借りる時にも重要です。まず買う時に重要になる理由なのですが、車の代金の問題ですね。

そもそもフルモデルチェンジに関する一番の基本は、車の金額が下がる傾向があるという点です。という事は、もしも「購入金額を節約したい」のであればチェンジを待つべきという事になります。なぜなら少し待っていれば、車がかなりリーズナブルになる可能性があるからです。

ですので車の購入をする際にはチェンジを「待つ」のが基本姿勢になるのですが、売却となると話は別です。むしろ待つべきではありませんね。
モデルチェンジは、車売却では非常に大事なポイントです。なぜなら車の売り手としては、少しでも高く売りたい訳ですね。チェンジを待ってしまっていると、車の売却金額が大きく下がってしまうでしょう。ですので車売却の際には、待たずに速やかに売るのがセオリーになります。

ですので車の購入も売却も、「モデルチェンジが重要」という点は共通していますね。しかしそれを「待つべきか」の問題になると、両者は異なってくる訳です。

ちなみに車のモデルチェンジは、年式よりも重要度が高いと言われています。10年ほど前に販売された車などは、売却額も低くなる傾向がありますね。ですので年数が加算されれば、売却額が低くなってしまうのは否めません。しかしそれよりも大事なのは、モデルチェンジと言われています。チェンジが発生してしまうと、年式の加算よりも大きな金額ダウンが発生するそうなのです。

ですので車の売却時には、特にモデルチェンジが大事と言えるでしょう。個人的には自動車を買う時よりも、売る時の方がチェンジの重要度は高いかと考えています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sunglassforu.com/mt-tb.cgi/7

コメントする